NEWS

2020.11.26

今の私たちがあるのは“どれみちゃん”のおかげ!森川葵、松井玲奈、百田夏菜子が「おジャ魔女どれみ」への感謝を語る!~大ヒット御礼舞台挨拶イベントレポート~

11月13日(金)公開以降、映画を観た人からは「冒頭から泣いてしまった」「おジャ魔女どれみに出会えてよかったと思える作品!」「背中を押してくれる前向きになれる映画!」と絶賛の声をいただいており、当時「おジャ魔女どれみ」を観ていた方だけでなく、幅広い層の方達から注目されています!
そしてこの度、多くの方からの反響を受けて、11月25日(水)に大ヒット御礼舞台挨拶を実施いたしました。

===========
<おジャ魔女どれみ20周年記念作品『魔女見習いをさがして』大ヒット御礼舞台挨拶イベント 概要>
【日時】2020年11月25日(水)18:00開始/18:30終了
【場所】新宿バルト9 シアター9
【登壇者】森川葵、松井玲奈、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)
===========

<イベントレポート>
公開から2週間が経過しての反響を聞かれると、森川は「身近な人や意外な人から連絡がもらえます。つい先日男性の撮影スタッフさんが見てくれていて、おジャ魔女は年齢も性別も関係なく見ていただけているんだと改めて感動しましました。おジャ魔女がきっかけで仲良くなれました!」とおジャ魔女が繋いだ小さな奇跡を語りました。松井は「プライベートでおジャ魔女どれみカフェに行ったんですが、そこにいた方から『映画見ました!』と声をかけていただいたんです。生の声が聞けて嬉しかったです!」と喜びを語りました。百田は「祖父母が見に行ってくれたんですが、行った日が11月22日の“いい夫婦の日”で!不思議な偶然ですが、ちょっと素敵だなと思いました!映画の感想を聞くと、これでもかってくらい褒めてくれて笑。すごく喜んでもらえました。」と身近に起こった反響を語りました。


「どれみちゃんに伝えたいこと」を聞かれると、松井は「シンプルに“ありがとう”と伝えたいです。この作品に会えたこと、どれみちゃんが繋いでくれた縁、いろいろなことに感謝です。今もこうやって自分の心の中にある作品を生み出してくれたスタッフさんに“ありがとうございます”と伝えたいです。」と改めて作品への感謝を話しました。
さらにこの日はサプライズで「おジャ魔女どれみ」シリーズのキャラクターデザインを務める馬越嘉彦が3人の為に描き下ろした色紙をプレゼント!事前に聞いていなかった3人は色紙を渡されると一気に興奮気味に。M Cからの掛け声で色紙を見ると想像をしていなかったサプライズに唖然。放心状態ながらも森川は「なんて言ったらいいかわからないです。本当に事前に聞いてなくて。まだ実感がないです。嬉しさの表現が難しいんですが、宇宙に飛んでいけそう。じっくりと噛みしめています。」と感動を語りました。

最後にメッセージを聞かれると、百田は「アフレコをしてからこの作品に関するお仕事をこの3人でたくさんしてきました。3人の思い出もたくさんできて、この時間が過ぎ去ってしまうことが寂しいです。どれみちゃんが繋いでくれたこの作品に出会えて本当に感謝しています。」と笑顔を見せながら語りました。松井は「この作品に参加できて本当に嬉しいです。かつてやっていた作品が数多くリバイバルされていく中で、大好きなおジャ魔女に参加できて嬉しいです。昔ちょっと見ていた人や男性でももちろん楽しめますので、ぜひ皆さんも周りの方に届けて欲しいです。」と伝えました。森川は「まだ夢を見ているような気持ちです。アニメが好きと胸を張って言えるような、すごく幸せな時代になったと多います。そんな時にこの作品に関われて感無量ですし、光栄です。まだまだ皆さんのお力を貸していただき、もっとこの輪を広げていきたいです。」と語りました。

BACK